請求の方法

慰謝料をどのようにして請求すればいいのかということですが、慰謝料請求の方法にこれといって決まったやり方はありません。直接相手に「慰謝料を払って」と伝え、相手がそれに応じればそれで済む話です。しかし、現実にはそううまく事は進みませんし、たいてい不倫している側は言い逃れをしようとします。仮に離婚するにしても慰謝料は支払いたくないというのが本音でしょうし、できることなら一銭も払いたくないはずです。そのため、確実に慰謝料を取りたいと考えているのなら弁護士に相談することをおススメします。

慰謝料男女問題や不倫問題などに強い弁護士だとこうしたケースにも強いです。不倫をして相手に多大な精神的ダメージを与えたにも関わらず慰謝料を支払いたくないという方は少なくありません。このようなケースにも弁護士は相当対応していますし、どのようにすれば支払ってくれるかについても熟知しています。自ら慰謝料の支払いを要求してもなかなからちがあきませんが、弁護士に依頼すればスムーズに事が進むことがほとんどです。まずは弁護士に相談することが先決ですね。不倫問題で慰謝料請求に強い弁護士なら頼りになりますから、まずはそうした弁護士を見つけましょう。

【参考記事】
慰謝料とは
不倫の慰謝料


慰謝料とは

そもそも不倫の慰謝料とはどのようなものなのでしょうか。慰謝料というのは精神的なダメージに対する損害賠償金、と言えば分かりやすいかもしれません。不倫をされた側のことを考えてみましょう。最愛のパートナーに裏切られてしまったのですからその精神的ショックは計り知れないものがあります。精神的なダメージが大きすぎて何も考えられなくなることもありますし、心を病むのはもちろん体にも不調をきたす可能性があります。日常生活にも大きな影を落とすことにもなるでしょうし、こうした損害に対する賠償金が慰謝料というわけです。

不倫された不倫をされた人は慰謝料を請求する権利がありますから、堂々と慰謝料を請求するべきです。ただ、慰謝料を請求するためにはいくつか条件もあり、その一つが不倫の証拠を押さえるということです。確固たる不倫の証拠がないと慰謝料の請求は難しいですから注意が必要です。女の勘、というのでは不十分ですから、配偶者のメールでのやり取りや電話の内容を録音するといった方法もあります。また、興信所に依頼して不倫の決定的な証拠を押さえてもらうという方法も現実的です。不倫をしているという確かな証拠があれば裁判になったときも楽です。

【参考記事】
請求の方法
不倫の慰謝料


不倫の慰謝料

不倫とは婚姻している者が配偶者以外の異性と交際するようなことを言います。今現在夫、もしくは妻が不倫をしているという方の場合だとさまざまな苦痛に耐えているでしょうし、その苦しみや怒り、悲しみは本人でないと分からないでしょう。自分たちだけで円満に解決できれば良いのですが、不倫となると円満に解決することはまず難しいのではないでしょうか。へたするとどろどろの憎愛劇になってしまうことも珍しくありません。

不倫不倫された側からすると一方的に精神的なダメージを与えられているわけですから、そのまま別れるというのも癪に障ります。自分はこんなに精神的なショックを受けているのに配偶者とその不倫相手だけが幸せになるというのはいかにも不公平です。何とか向こうにもダメージを与えたい、それなりの制裁を受けさせたいと考えるのは当然のことではないでしょうか。では、もっとも現実的に相手にダメージを与えるにはどうすればいいかというと慰謝料の請求が挙げられます。

不倫に慰謝料はつきものですし、配偶者に大きな傷を与えたのですから不倫をした人は支払って当然でしょう。このサイトでは、不倫慰謝料とはどういうものか、また請求するにはどうしたらいいのかといった内容についてお伝えしています。夫や妻が浮気、不倫している、慰謝料を請求したいと考えているのならきっと役立つ情報だと思いますから、少しでも気になったらぜひ最後まで目を通して参考にしてください。

【参考記事】
請求の方法
慰謝料とは